ヒメカノ2 エロ漫画

ドイツでは、中堅中小企業が製造業を支える構造となっているため、中国やアジアが生産の中心になると、ドイツの中堅中小企業では日米の大手企業に対抗できないと危機感を抱いていました。それにしてもイギリスはこれからどうするんだ労ね。 そこで、ドイツが新しいものづくり「インダストリー4.0:第四次産業革命」を起こし、これを世界標準『デジュールスタンダード』としてドイツが主導すれば勝てると考えたのです。ドイツが提唱するインダストリー4.0では、「Smart Factory(つながる工場)」というコンセプトで工場間、製造ライン間をネットワーク化して情報共有するコンセプトを掲げています。

 

一方、米国が目指しているのは、「米国がデジタル化(CPS:サイバーフィジカルシステム)とオープン・イノベーション(前述のIIC)で世界をリードすること」です。これは、ドイツが掲げるインダストリー4.0に似ていますが、製造業だけを対象としているのではなく、ヘルスケアや運輸、エネルギー、インフラ、資源開発など幅広い産業を対象としています。また、米国政府が主導するのではなく、GEやシスコ、インテルなど企業連合(IIC設立は2014年3月にGE、インテル、シスコ、AT&T、IBMの5社が創設、その後200社超に拡大)を組んで活動しています。

 

そのなかでもGEは、事業ポートフォリオを大きく組み替えて、巨額の資金と製造業の強みをベースに、米国が圧倒的な強みを持つICT技術を融合した新しい製造業のビジネスモデル構築を実現しつつあります。 その存在感は圧倒的で、GEグループのソフトウェア部門(GEソフトウェア)が提供する産業用基本システム“Predix(プレディクス)”を武器に、IT企業トップ10入りも時間の問題と言われています。ちなみに、2015年のGEグループソフトウェア事業の売上高は50億ドル(約6000億円)ですが、2020年には、その3倍の150億ドル(約1.8兆円:IT第3位の独SAPと同等規模)に引き上げるとしています。ポケモンのワンを購入しました。こんな古いゲーム楽しいのかなと思っていたんですが結構本気で楽しむことができあました。